サルスベリに発生する。 主な被害と診断 春に伸び始めた葉や若い枝に白いかびの斑点が発生し、のちに全体が白い粉に覆われる。多発すると葉や枝先が白い粉に覆われて変形する。花のがく、果実にも発生する。 うどん粉病や害虫(アブラムシ)の忌避効果があります。 すりおろしたにんにく100gを木酢液1リットルに入れて1〜2ヶ月おくと、 「にんにく木酢エキス」ができます。 300〜500倍に薄めたものをうどん粉病が発生しやすい時に、 ハナミズキ(花水木)の植物図鑑・育て方紹介ページです。ここではハナミズキの基本情報のほか、水やりや病害虫、枝の伸ばし方、剪定、花が咲かない原因などの詳しい育て方などを紹介します。 Q. 家のマキの木の葉がふるう(おちる)。 新しく出た葉もふるう。 原因と対処法を教えてください。 ちなみに、除草剤等は使っていないので、薬害ではないと思います。 A. 葉がふるう病気に、白葉枯病があります。 葉先から淡・・・ 黒脂病:7~8月頃、葉の表面に少し膨れた円形の黒色病斑ができる。紅葉期に病斑 の周囲が緑色になる。防除期は開葉前。 →カエデ類 (主な防除法・薬剤)病落樹の除去・焼却、キノンドー水和剤、オキシンド ー水和剤を散布する。 うどんこ病は生きた植物にしか寄生しません。すると、冬場植物が枯れているときはどうしているのでしょうか?うどんこ病が発生すると白い粉のように見えますが、これは胞子で、春~秋にかけてつくられ、風などで飛ばされて広がります。 うどんこ病とは、 子嚢菌類、ウドンコカビ科のカビによる植物病害の総称。 麦類、野菜、果樹などの重要な病害。 葉や茎がうどん粉をかけたように白くなる。 04) マサキうどんこ病(Oidium euonymi-japonicae)。 05) マサキの生け垣でよく見うけられる。 3問目。 ・風通しが悪く湿気の多い場所では稀にウドン粉病に罹患するが、基本的には病害虫に強く、育てやすい。 ・稚樹の段階では日陰を好み、相当の日陰にも耐えるが、成長すると日向を好む。概して日陰に耐 …

毎年うどん粉病が出やすかったり、発生してしまった場合は「ハッパ乳剤」と「ベンレート水和剤」を交互に散布します。 1つの薬品を使い続けると耐性ができて、効果が低下する場合があるので、2つの薬品をローテーション散布することをオススメします。 落葉病、炭そ病、うどん粉病: トップジンm水1500倍: 10月: 成熟期: 11月: 落葉期: 土作り基肥施用: 落ち葉の処分を徹底する(落葉病予防) 12月上旬: 排水対策: カイガラムシ: 機械油乳剤20倍 うどんこ病.