アルファード30系は2015年1月に販売開始されていて、2017年にはマイナーモデルチェンジが行われて後期モデルが販売開始されました。 30系は前期、後期で様々なグレードが用意されていて、前期モデルと後期モデルでは、大きく変更が加えられた部分などもあります。 またアルファード30系後期型では車両価格もグレードによってですが、しっかり15万円~25万円程度の値上がりをしております! しかし、アルファード30系後期型の車両価格の値上がりは、下記理由で必然的な値上がりではないでしょうか。 トヨタ アルファード の公式サイト。快適なスペースや、外観、安全性能、コネクティッドサービス、走行性能などの機能紹介をはじめ、見積りシミュレーション、試乗予約などができます。 メーカー希望小売価格(税込) 3,520,000 円〜 工場出荷時期目処のご案内. アルファード30系のグレードごとの違いを詳細にまとめました。アルファードはグレードがたくさんありますが、グレードごとに何が違うのかと言われてもすぐには分からないでしょう。本記事を読めばグレードごとの違いを正しく認識できるようになるはずです。 アルファード30系は 2015年1月-2017年12月まで発売されたモデル を【前期型】、 2017年12月~2019年8月現在まで発売されたモデル を【後期型】と呼ばれています。 アルファード30系の前期型と後期型の違いは下記のとおりです。 ライフスタイルに合わせたプランをご用意. アルファード30後期の街乗りでの乗り心地は、非常に快適ですね! デコボコ道もガタガタとした上下の揺れを全く感じないし、踏切や歩道の段差を乗り越えたときの”ガタッ”という 突き上げ衝撃の吸収が非常に優れている のを感じました。 路面の”わだち”や”うねり”、段差に対しての吸収がマイルドと言えば良いのでしょうか…。