キーボードのテンキーを使って、数字を入力できないときの対処方法は、お使いのOSによって異なります。 お使いのOSに応じた項目をクリックしてください。 [+]すべてを開く [-]すべてを閉じる. Windowsパソコンでキーボードの入力がおかしい場合、「本来と違う文字が入力されてしまう」「一部のキーが入力できない」など、いくつか考えられる症状があり、対処法もそれぞれ異なります。本記事では、Windows10のパソコンでキーボード入力をした時に入力がおかしい時の対処法を紹介します。 キーボードの数字と四則演算のキーがまとまった部分を、テンキーといいます。 テンキーから数字が入力できない場合は、テンキー入力がオフになっていたり、テンキーに別の操作(マウスポインターの移動)が割り当てられていることが考えられます。 今回は、 パソコンでキーボードの数字が打てないときの対処法 をご紹介します。 キーボードの数字が打てなくてお困りの方は、これからご紹介する方法を試してみてください。 以下はWindowsOSをお使いになっていることを前提にした説明になります。 Windows 8.1/8は、Windowsを起動したときのサインイン画面で、Num Lock 機能が無効になることがあります。 その場合は、「Num Lock 機能を有効にする」の手順をご覧になり、数字を入力できるかどうかを確認してください。 パソコンのキーボードが打てない、または、打とうとする文字と違う文字が出てしまう。 こういった経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 キーボードが打てないのはどうしてなのか、また、打てないときはどうしたらいいのでしょうか。 Windows 8 / 8.1でキーボードのテンキーから数字が入力できない場合は、以下の対処方法を行ってください。 ※ ここではWindows 8の画面で案内していますが、 Windows 8.1でも同様の操作が行えます。 Windows 10.