通常、車検を取るには納税証明書が必要になりますが、名義変更から1ヶ月以内であれば納税証明書の代わりに税申告書の控えを提示すれば納税証明書がなくても車検をとることができるのです。

50cc〜125ccの書類である標識交付証明書についてまとめました。そもそも何の為の書類なのか分からない、原付のナンバー登録をしたいけど書類の書き方が分からないと言う方に読んで欲しいです。 車検時に同時に名義変更をしなければいけないということはあるかと思います。 名義変更をしようという段階になって必要書類がまず気になるかもしれませんが、このときに自動車税の納税証明書がないと … 自動車を売るとき、納税証明書の提示を求められることがあります。納税していなくても車を売ったり名義変更することはできるのに、納税証明書は必要なのでしょうか。 バイクの名義変更について検索するとたくさんヒットします。必要書類の中に納税証明書のあるときと無い時がありますが実際はどうなんでしょう?ケースバイケースです。納税証明書は、車検時に必要(無くても車検場に隣接する県税か自動車 名義変更後の税申告書の控えがあれば納税証明書が不要になる. 軽二輪と小型二輪(250㏄、400㏄、大型バイク)の名義変更の方法について詳しく解説しています。手続きに必要な書類や費用、また委任状や譲渡証明書などわかりにくい事も徹底解説。バイクの名義変更のまるわかりガイドです。

納税証明がなくてもバイクの名義変更はできます。 車検が近い場合は前オーナーから納税証明をもらっておきましょう。 納税証明がもらえない場合は市役所で非課税証明をもらえば車検は受けられます。