カーテンに生えてしまったカビを、ご家庭で洗濯するための方法を紹介。頑固なカビもほんの少しの手間で落とせる、消毒用エタノールを使った+αの方法もあり。カーテンのカビの原因とその対策方法も合わせてチェックして、清潔なカーテンを保ちましょう!

レースカーテンは自宅の洗濯機でお洗濯できるんです!窓から出入りするホコリや花粉、におい、知らず知らずについた手垢やカビなどで意外と汚れているレースカーテン・・・。お洗濯のコツと手順を分かりやすく解説します!元の白さを取り戻して今より明るいお部屋に♪ 結露などが原因でカーテンがカビてしまった場合の落とし方や洗い方の他、色物のカーテンがカビてしまった場合はどうやって落とすのか、カビを予防する方法はどんなものがあるのかをご紹介します。 頑張って取ったカーテンのカビを2度と生やさない為には、カビ予防もしっかりしておきましょう。 カーテンはせめて季節の変わり目ごとには洗濯しましょう。この時に洗剤と一緒に重曹を入れるとカビ予防になります。 うーん、どうしよう・・・ 真っ白なカーテンだから色落ちの心配はない。 レースカーテンを「何年も洗っていない…」という方もいるのでは?一見キレイでも案外汚れているもの。花王『くらしの研究』では、洗い方や干し方、日頃のお手入れのポイントを紹介します。 まずはレースカーテンのフックをはずしておきましょう (2) お風呂場で作業します。 レースカーテンのカビ部分を狙ってカビ取り剤を シュシュッと吹きかけ、そのまま10分放置します。 このとき、カビ取り剤が生地の中までしみこむよう カーテンにカビを生やさないために. カーテンの洗濯頻度は、レースカーテンは年に2~3回、ドレープカーテンは年に1回が目安と言われています。 汚れが目立つ場合はそれ以上洗っても良いですが、あまり何度も洗うと生地が傷んでしまう原因 …
窓を開けるとひらひらと気持ちよさそうに漂うカーテン。そこにカビが繁殖していたら、ひらひらとカビの胞子も空気中に漂う事になります。 いやーーーーー!!! カーテンは湿度65%以上、温度は20度くらいから繁殖し始めます。

カーテンはカビの家. 今回カビキラーを試したのは2種類のレースカーテンです。 一応カーテンの洗濯表示を確認してみると、1つは「エンソサラシ」可能みたいでしたが、もう1つは×になっていました。 .