[フォントの置換]機能は、置換前と置換後のフォントを指定するだけで、図表内などに入力されているフォントまで変更できます。今回は置換前のフォント「ms pゴシック」から、置換後のフォント「hgs創英角ゴシックub」に置き換えてみます。 1. ワードでは新規文書の本文が「MS明朝+Century、10.5pt」になります。しかし、この設定は固定されているわけではありません。必要であれば変更することも可 … Wordの日本語フォント「メイリオ」を使って原稿を書くと、行間がとっても広くなるという現象に困っていませんか? でもコレ、意外と簡単に直せるんです! その方法を紹介します。視認性の高い「メイリオ」が好きな人はぜひ試してみてください。 Word 2010で文書全体に設定する場合は、通常 ページレイアウトタブ ダイアログボックス起動→文字数と行数→フォントの設定 で日本語、英数字 といった具合に設定すると、作成中の文書が設定したフォントに適用されると記憶して いたのですが、間違いないでしょうか。 Wordの文書で、「もう少し全体の雰囲気を変えたいな」と思ったことはありますか? そんなときは、文字のフォントを変えてみるのが効果的です。 文字の形を変えるだけで、雰囲気は大きく変わります。今 … 文書内でいくつかのフォントを使用していて、その中の一部のフォントをまとめて変更したいといったケースがあります。 Wordではフォントの種類を置換することができます。 Word 2013で[表ツール]の[デザイン]タブから[表のスタイル]ギャラリー右下の をクリックして[表のスタイルの変更]を選択すると[スタイルの変更]ダイアログボックスが表示されます。そこでそれぞれフォントの種類やフォントの色の指定ができるので、変更したいフォントを選択します。 ワード本文のフォント・サイズを変更する. フォントに関する各種設定は、[フォントのプロパティ]で行います。 ページ全体に対するフォントの設定と、任意の文字列に対するフォントの設定との二種類有りますが、設定画面は全く同じなので、注意 …