古文の助動詞なんか覚えちゃだめ 古文の助動詞ばっかり勉強してるから、古文の成績上がらないんです。 今日、知ることができて良かったですね。 こんばんは講師の久保です 【助動詞の表なんて】 鹿児島の高校生って、古文が嫌いな人多いですね。 古典/古文の助動詞の意味は現代語に近いものもあり、最終的には暗記法に頼らなくてもわかることが目標ですが、まずは一通り覚えるためのテクニックとして使いましょう。 ※古典/古文の助動詞の接続について覚えたい方は、 助動詞の接続の覚え方に関する記事 をご覧ください。 また、活用
みなさん、こんにちは。今日は古文の文法チェックテストをしてみましょう。古文の文法はなんども繰り返すことで自然と身についていきます。打倒!!ク ッシーやス ディサプリでお送りします(嘘)。他に「【大学受験】古文 古典文法 助動詞接続識別クイズ 今回は古文の反実仮想の助動詞「まし」の活用・接続・意味に関するまとめと問題です。反実仮想の助動詞「まし」の活用表と接続のしかた、「ましかば~まし」「せば~まし」などの反実仮想の形も確認 …
古典の文法の中で一番重要なのが助動詞です。しかし、助動詞は意味がいくつもあって複雑で、「どうやったら覚えられるの?」と思う人も多いはず。この記事では、「助動詞が苦手な人」でも「2週間で助動詞を完璧に身につける勉強法」をご紹介します。 助動詞「る」には「れ」「る」という形があるのを忘れないでください。ちなみに、るの意味、「受け身」、「尊敬」、「自発」、「可能」についての意味は「古典 古文助動詞「る」「らる」について」にてご紹介しています。 よければ読んできちんと理解していきましょう。