引出物(引き菓子)を渡さない人 こんど、結婚披露宴をするのですが、いま、引出物(引き菓子)で悩んでいます。 両親や親戚には引出物(引き菓子)は必要なのですか・・・? また、経験なされた方にお聞きしたいのですが、来客者によって引出物(引き菓子)の種類は変えましたか?

引き菓子の代表、バームクーヘン。味に定評があり人気のパティスリーキハチのバームクーヘンを食べてみました。 パッケージがとても可愛らしく、手提げ袋も同梱されていました。プレゼントにとても良いですね! 2番目に多かったのは、5000円台で21.1%。75%以上の人が、3000円から6000円の間の引出物を用意しているという結果に。 引菓子のボリュームゾーンは1000~1500円が70.1%。引出物に比べると引菓子は金額に差をつける人が少ない 最近では縁起物の代わりに、ハンドタオルやグラス、ラーメンやカレーなど実用的なアイテムを選ぶカップルも増えているよ。 縁起物を入れる判断基準 昔は 「偶数は縁起が悪いから」 とウェディングプランナーさんも説明していましたが、最近では二品だけの地域もあります。 せっかく引き菓子を用意するのであれば、ゲストに喜んでもらえる引き菓子にして、おもてなしをしっかりとしたいですよね。 ぐるなびウエディングは、そんな引き菓子をテーマに2009年12月1日から7約1週間の期間に20代以上の男女120人を対象にアンケートを実施しました。


披露宴の「引き菓子」についてお聞きいたします引き菓子の「熨斗紙」に書くのは「内祝い」ですか?「寿」でしょうか?明日挙式披露宴なんですがたった今引き菓子の熨斗紙が「内祝い」となっているとの連絡がありちょっと混乱しております

結婚式に列席してくれたゲストの方にお土産として用意する引出物。その1つが引菓子です。幸せのおすそ分けとされる引き菓子のいろいろな意味や選ぶ際のポイントをご紹介します。 一周忌には、親族だけではなく生前交友関係のあった友人なども参列していただくのが一般的です。事前準備や引き出物・引き菓子の準備に不安はありますよね。今回は、一周忌のマナーとして、事前準備やオススメの引き出物・引き菓子についてご紹介しますので、ぜひお読みください。