日本はなぜ太平洋戦争に突入していったのか。為政者はどんな理屈で戦争への道筋をつくり、国民はどんな感覚で参戦を納得し支持したのか。気鋭の学者が日清戦争以降の「戦争の論理」を解明した画期的日本論! (講談社現代新書) 日本はなぜ太平洋戦争に突入していったのか。 Amazonで山田 朗の日本の戦争:歴史認識と戦争責任。アマゾンならポイント還元本が多数。山田 朗作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また日本の戦争:歴史認識と戦争責任もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 戦争・歴史の質問一覧です。アメリカや世界各国の歴史がわかるおすすめの戦争映画を教えてほしい、中国の歴史を舞台にしたおすすめの映画を探している、世界大戦をテーマにした見るべき名作を教えてほしい、日本軍の視点で制作された映画を教ええほしい等、こちらに投稿してみましょう。 1895年、日清戦争の講和条約である下関条約が結ばれました。 甲午農民戦争を鎮圧するため、朝鮮政府は清に出兵を要請、日本も清に対抗して出兵して衝突、同じ年の1894年に日清戦争が起こりました。その結果、日本が勝利しました。 下関条約. 日露戦争に勝利したことは、日本の歴史にとって、いかなる意味があったのでしょうか。 まず、日本の国際的地位の向上です。日本はロシアに勝つことで、欧米列強から初めて、列強の一つと認められました。その証が、不平等条約、領事裁判権の撤廃です。