夏のボーナスからは10万以上引かれていましたし、今回のボーナスの方が高いので、おかしいとおもっていました。 今月の給料でしっぺ返しが来そうだと心配になったので、事務方に聞きました。 結果、控除のミスはないとの事でした。

「給料から国民年金の保険料が引かれていないけど、まさか別に払うのですか?」こんな質問をときどき受けます。厚生年金の加入者が別途国民年金保険料を払う必要があるのかについて、社会保険労務士である筆者が解説していきます。 「所得税 引かれてない」に関する相談に税理士が無料で回答しています。「福岡でワーキングホリデをしている韓国人です。」や「所得税 適正金額」のような「所得税 引かれてない」に関係する税務相談を … 初任給を受け取る新入社員の方は、ここからお給料が増え続けていくと思っていませんか? 実は、手取額を見ると初任給のほうが多かったということがあります。その理由は住民税や社会保険料。住民税は前年の所得に対してかかってくるため、初任給は住民税がゼロなのです。 (本来、会社からお住いの自治体に源泉徴収票が送付されているはずなのですが、その手続きが行われていないために、納付書が届かないとも考えられます。) 「納付書来ないから住民税払わなくていいんだな」とかは思わない方がよいです。 毎月の給料から市民税・県民税を天引きしてもらう手続きは? お勤め先の経理・給与等の担当者に給与からの控除(特別徴収)ができるかをご確認ください(市民税・県民税を毎月の給料から控除しない会社もあります)。

今年度から勤めて今日はじめてのお給料をいただきました。しかし給料明細を見たら保険料が天引きされていませんでした。求人票には加入保険等の欄に健康 厚生 労災 雇用に丸がついていていたので保険には入っているはずだという認識だっ