電話の取り次ぎは無駄。携帯電話に直接かければいい. ビジネスにおいてコミュニケーションはとても重要な要素ですが、無駄なメールや非効率的な電話は生産性を落とす要因となります。しかしコミュニケーションをしないわけにはいきません。そこで今回は生産性を向上するコミュニケーションツールとして、ビジネスチャットを紹介します。 ビジネスの電話応対の基本はスムーズな伝達です。 できるだけ早く用件を終わらせること。 このことは自分自身が顧客になった時を思い出せばわかりますよね。 ビジネスの電話は雑談するためにかけているわけではないので・・・ 入社して1週間が経ち、aさんは上司から「とにかく電話に出て欲しい」と言われた。 しかし、誰かが懇切丁寧に電話の取り次ぎ方や内線のかけ方を教えてくれるわけではなかった。 鳴り続ける電話と、それを当然と受け止める社員.

従業員を電話番にする体制よりも、「電話取り次ぎサービスの利用」を活用する事が、少数精鋭で従業員を無駄にできない、「小さな会社」や「起業して事業資金の少ない会社」、「全員が営業社員で一丸となる発展途上の会社」にとっては、ありがたいサービスとなっているのです。
会社の電話の取り次ぎって面倒ですよね。 社外からかかってきた電話に出て、担当者へ転送する。 「直接携帯電話にかければ効率的なのに」 そう思う方は多いのではないでしょうか。 まず会社に固定電話があると、じゃんじゃん電話がかかってきます。 自分に関係のある業務なら、まだいい方です。 大抵は自分に関係のない案件だったり、よくわからない営業電話だったりするので、この時間本当に無駄でしかないんですよ。 取り次ぎは相手の時間を無駄にしない為に素早く電話をまわすのが最重要です 折り返しは、私はその場にいない旨を話し『私で宜しければご用件を承りまして に申し伝え、 から折り返しお電話させて戴きますが…』と言っています。

どうもskです。 ちょっと前に会社で上司に電話対応もしてくれって言われてなんだかなーって思ったので。 ゴネたらじゃあ出なくていいってなったんだけどww 所詮電話だし別に出れないことはないんだけど、自分宛てじゃない電話とか出るの無駄じゃないですか?