パソコン使用に慣れきっているので「手書きでレポート提出」というと、どうしてよいのやら…。 紙は? ペンは? どんな工夫をすれば評価点を上乗せすることができるの? 手書きの書き方やパソコン、質の高いレポートのためにできることを調べてみました。 レポートは次の1~5の5部構成を標準とします。 それぞれの[書き方]や[例]などをヒントに,後の も参考にして,頑張って作成しましょう。 1.研究のテーマ(タイトル) ・読み手が関心をもち,「面白そう,読んでみたい!
レポートの書き方、お探しでしょうか?本記事ではレポートの書き方についてまとめ、掲載しております。これからレポート作成を行う方、是非ご覧下さい。実際の見本も掲載しております。 レポートの書き方が右も左も分からない人々に向けて、6回(基礎編全4回・応用編全2回)に亘って、 レポートの書き方【永久保存版】 を公開します。 皆さんこんにちは、今回は「論じるの意味と使い方・上手に論じる方法」と題して、「論じる」という言葉の意味や用例を、さまざまな観点からご紹介します。大学や就職試験などで課される論文を書く際にも必要な情報をご紹介しますので、どうぞ「お役立ち情報」にしてください。 (実験)レポートとは何か? テーマについて読み手との対話! 客観的な根拠のある主張(意見)をする報告書! 論理的思考力+表現力=レポート力 ! レポートの構成 レポートの表紙 1.目的 2.理論(または原理) 3.実験方法 4.実験結果
実験のレポートを書くのは中々大変ですね!私も苦労して徹夜で書いていたのを思い出します。そんな実験のレポートの高評価をもらうための書き方についてお伝えします!