互換性の設定 はファイルやファイルシステムではなく、レジストリに記憶されています。 これらは互換性の設定を解除すれば削除されますが、それをせずにアンインストールしてしまった場合はレジストリに残ったままになり、蓄積されていきます。

こんんばんわ。 さて今回はIEで互換表示を変更するレジストリです。 対象は3つ. 1.イントラネットサイトを互換表示で表示する HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\BrowserEmulation IntranetCompatibilityMode (REG_DWORD) 1:有効 0:無効.

Internet Explorer 11 の互換表示設定にある「Microsoft互換性リストの使用」をコマンドで有効/無効にすることができるバッチファイルを公開しました。 レジストリの設定箇所は? バッチファイルにするために、まずはレジストリの設定箇所を確認する必要があります。 ただし、X-UA-Compatibleによるブラウザモード制御や、イントラネット互換表示機能までは本設定による影響を与えません。本記事では、Windowsレジストリを利用した互換表示機能の無効化方法について説明します。 設定方法 確認方法 (※ 以下の手順は、WindowsXP… こちらについては、以下のレジストリを修正 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\BrowserEmulation にある、 「IntranetCompatibilityMode」 を変更します。 1:有効 0:無効 です。 Microsoft互換性リストの使用

イントラネットサイトを互換表示で表示する.