今回はSass(Scss)を自動コンパイル(自動化)する設定方法という事でgulpの導入・設定方法・使い方などをまとめてみました。gulpを使う事でSassをCSSに自動でコンパイルする事はもちろん、他にもいろいろな作業を自動化することが出来、とても便利です。

Sass の概要. Sass とは、今までの CSS にプログラミング的な書き方を加えて、.scss ファイルを変換(コンパイル)することで .css ファイルを作成します。 例えば、「style.scss」を変換すると、「style.css」が作成されます。 SassをCSSにコンパイル(変換する)簡単な方法を知りたい。 Rubuとか他のツールを使うのが面倒。。。 何か他に簡単なコンパイルの方法はないかな?分かりやすく解説してほしい! 今回の記事では、SassのコードをCSSにコンパイル(変換する)するとっても簡単な方法をご紹介します! WindowsでsassをコンパイルしてCSSに変換. SASSまたはSCSS記法で書いたファイルをCSSに変換するには次のコマンドを実行します。 sass input.scss output.css. CSS での Sass 記法と SCSS 記法では記法が異なるので、移行する場合にはコンバート(変換)が必要となる。記法を相互に変換するために、ウェブサービスを使う方法と、sass-convert コマンドを使う方法を試してみまして、どちらも上手くいきました。 左側のcssの入力欄に変換元のcssを入力したら、真ん中の青い矢印で sass/scssを選択 します。 たったこれだけの手順でcssがsassに自動で変換されました!めちゃくちゃ便利です・・ ちなみに変換元のcssにエラーがある場合、変換前にメッセージを表示してくれます sassのコンパイルを確認する為に、私は以下の環境を作りました。 Dドライブ直下に「sass_folder」というディレクトリを作って、そのの中にtest.scssというsassファイルを用意しました。 これをプロジェクトフォルダとします。 test.scssの中身は、sassの書き … sass --versionでバージョンを確認できます。 sass --version 1.26.3 compiled with dart2js 2.7.1.