しかし、参考書②の勉強時間は、メモっていたので、計算すると1003分です。 つまり、1冊当たり 16時間かかってることになります! 「なるほど、じゃあ16時間だけ勉強すればいいのね、spi対策って楽勝だね!」と思うかもしれません。 本記事では、転職者が必ず通る試験であるwebテストの対策に最適なおすすめ参考書を紹介します!転職活動では、複数社へのエントリーが当たり前になるなかで、これらのテストは必ず受けることになります。これからご紹介する参考書を勉強すれば必ず効果が出るので参考にしてください。 spiでは常に制限時間を意識する spiの中でも、言語と非言語の分野は基礎的な学力を問うものになっているが、制限時間の短さが特徴である。 冒頭でも述べたが、spiは「ペーパーテスト」と「パソコン受験」の2種類があり、制限時間が異なっている。 転職者が行う可能性が高いのが、インハウスcbtかペーパーテスティングですね。 パソコンとマークシートで試験時間が違うので、それぞれのペース配分を考えておきましょう。 spi以外の筆記試験対策. 転職:中途採用におけるspiについて人事部所属の立場で解説しました。失点の多い非言語分野の対策とオススメのテキスト・問題集を紹介しています。我流の勉強法では対策したことにはなりません! 転職するときに必ず受けないといけないspi。結論を言うと普通に落ちるので対策が必須になってきます。第一志望の企業の採用試験でspiで落とされないために事前に準備をしておきましょう! 本記事では、spi試験の重要度と対策について解説します! 転職活動では一般的にspi3-gが対象になりますが、第二新卒など若手での転職の場合にはspi3-uを受験することもあるみたいです。 【玉手箱】 玉手箱もspiと並び、転職では出題頻度の高い試験です 。