車検の会計起票はちょっと複雑 先日、社用車の車検がありました。 定期的にやってくる車検ですが、車検代の請求書って項目が多くて仕訳が 大変ですよね。 車に関する費用だからまるごと車両費で … 自動車関係の費用が多い場合は、「自動車関係費」の新しい勘定科目を追加しましょう。 これが一番簡単で便利な方法です。 あれこれ勘定科目を悩まず、自動車にかかった費用が集約できて、一括で「自動車関係費」に仕訳できます。 個人事業主の場合、事業用で車を購入したり、家庭用と同じ車を事業用で使用していたりする場合もあると思います。ガソリン代など事業でかかった分は経費にできますが、車検の費用は経費になるのでしょうか。車検の経費計上の考え方と確定申告について紹介します。 財務・会計・経理 - まったくの経理初心者です。 急遽、個人の自動車整備業(今年開業)の経理をする事になり、分からない事があるので、どなたか御存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。確 … 仕訳の仕方についてご教授ください。 お客様から車検のご依頼を受けた場合なのですが、 ①車検場にて車検受験時に、重量税16400円、検査手数料印紙1700円、自賠責保険27840円 を現金にて当社で立て替え払いをする。

車に関する仕訳は、保険や手数料、税金と、会計処理で、混乱する方も多いのではないでしょうか。車両の購入、廃車、車検や点検、会社において日常的にある仕訳など、車に関する仕訳を科目、消費税区分が分かるようにまとめました。 ツイート 不動産業と並んで経理が難しいのが中古自動車販売、自動車整備業などの自動車関連業だ。 まず中古自動車などの販売もある場合在庫がきっちり追えるため外注などに出している車や倉庫など店舗以外にあるものも含めて在庫の計上 […] 自動車を事業用に使っているのであれば、費やす維持費も必要経費になります。 車検代、ガソリン代、駐車場代、自動車保険、税金、オイル交換、修理・・・ 等々、事業にまつわるものであれば、ガンガン遠慮なく経費に落としていっちゃいましょう \(^v^)/