VBAで作成したFunctionプロシージャ(ユーザー定義関数)で戻り値として複数の値を返すサンプルプログラムを覚書。サンプルプログラムは、ExcelのVBAで作ってありますが、Accessでもそのまま使用できま …

ExcelのマクロはVBEと呼ばれる専用のエディタ内の標準モジュールに記述します。今回はこの記述したマクロを複数のファイルで使用する方法の紹介です。

Excel VBA で、プロジェクトが複数表示されます。VBA開発をしていたら、Project(試作2)という試作2.xlsのプロジェクトとモジュールが、他のエクセルファイルすべてで表示されるようになってしまいました。マクロの登録のないファイルでも、エディターのプロジェクトウインドウに表示さ …

完了する.

そこで「vbaプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する(v)」にチェックを付けます。 このチェックを付けることで、vbaでの標準モジュールなどのエクスポートやインポートが可能になります。 あとは各ダイアログのokボタンを押していきます。

2018/07/13 10:54 .

ExcelのマクロはVBEと呼ばれる専用のエディタ内の標準モジュールに記述します。今回はこの記述したマクロを複数のファイルで使用する方法の紹介です。 自動化するマクロvbaを書くとき、必要な処理内容を1つのプロシージャーに全て書くことは難しいです。むしろ、1つのプロシージャーではなく複数のプロシージャーにした方がより良いものです。細かい単位の処理ごとにプロシージャーを書き、まとめて実行するようにします。

Step6・標準モジュールは複数作成できる Step7・他のExcelファイルで使うには? Step8・エクスポートとインポート Step9・ユーザー定義関数を改良する Step10・プログラムの書き方はいろいろある Step11・テキストファイルの内容を読み込む プロシージャの種類と特徴 Excel VBAの基礎編 Excel活用 … Excel VBA マクロの関数の作成と呼び出しの方法を紹介します。Sub 関数と Function 関数の 2 種類があります。作成した関数は VBA やマクロとして実行することも、他の関数から呼び出すこともできます。関数は処理を 1 つにまとめ、再利用できます。コードの可読性にもつながります。 おそらく、標準モジュール側に処理が回っていないっぽいのですが、 どうすればいいでしょうか? キャンセル.

このように呼び出されるプロシージャ「 TEST2 」は別のモジュール上にあります。 この時に変数を参照できるようにするには、モジュールレベル変数の宣言に Public を使う必要があります。なお、 Public での宣言は標準モジュールにする必要があります。